ちま会の日常

「笑ってないなんてつまらないじゃない?」 この言葉をコンセプトにちま、イリヤ、セルゲイが面白いを提供します!

【イリ】ニーアオートマタをクリアした話(若干のネタバレあり?)

どうも、ついさっきニーアオートマタの主要ルート5つをクリアしたいりやです。

まだ細かいエンディングは全部見ていないんですが、一旦一区切り付いたと言うことで、少しここに感想でも記そうかなと。

 

まだクリアしていない人に、ネタバレがない範囲で伝えたいこと。

 

人の力を借りてでも、恥をかいてでもゲームをクリアしたいと願いますか?このゲームは、あなたに取ってそれほどの価値を見出せますか?

 

と。そんな感じでしょうか。

もう僕は戻れないところ(?)までこのゲームで来てしまいました。クリアしていない人は、ぜひともクリアに向けて頑張って欲しいです。購入していない人も、是非手を伸ばして欲しい作品です。

 

さて、ここからは少しネタバレを含む内容を書き綴りますので、苦手な方や見たくない方はブラウザバックをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやはや、終わりましたねニーアオートマタ。

Eエンドの最後の選択肢、僕はデータ削除を選びました。

攻略サイトやら何やらを全く見ていない状態での選択ですし、なんせ他のニーアシリーズをやっていない僕は、全データ削除は初めての体験で。どんどん全てが消えていく様を、見ているのが辛かったです。

もしあの選択肢を取らなくてもゲーム自体はちゃんとクリアですし、それでいいんですけど。僕は最後のシューティングで、他の人の力を借りましたから。僕も他の人に力を貸したい、なんて事を思いました。

敵の弾にぶつかる度に○○のデータが消えました。みたいなメッセージを見ていて、後の選択肢を見ると「なるほどなぁ」と思いましたね。

 

主人公達を殺すような選択肢を取らせるのも、前作やらをやっていない僕にとってはやはり斬新で。胸が痛くなったり、泣きそうになったり。そんなことの連続でした。それからクリアをして、データを飛ばして。

データを飛ばす事に不思議と躊躇いは殆ど感じませんでした。

例えデータを飛ばしたとしても、きっとポッドや僕の中にある思い出、記憶は色褪せないから、データを消す選択肢が出来たのかもしれません(くさい)

また一からやり直して、A〜Eルートをクリア、次はデータを飛ばさないで全ルートを回収しようと思います。アジももう一度食べましょう。

 

トーリーもさることながら、ゲーム性も僕はお気に入りです。

個人的な意見ですが、難しめの無双シリーズと言ったところでしょうか…。ある程度の難易度と、ある程度の爽快感。そしてその爽快感を良い意味で無くすような重いストーリー。すごくよかったです。

 

 

と言うことで、ちょっと長くなりましたが今回はここまで!

たくさんストーリーについて書きましたが、あくまで僕個人の意見として、捉え方として見てくださいね。

 

ではでは。

 

いりや٩( ᐛ )و