ちま会の日常

「笑ってないなんてつまらないじゃない?」 この言葉をコンセプトにちま、イリヤ、セルゲイが面白いを提供します!

【イリ】魔法少女リリカルなのはの4DXを見に行った話

こんにちは、もうすぐ20歳になるいりやです!

 

今回は、ついこの間「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」の4DXを見に行った話をしようとおもいます。

 

いやね、周りに見てる人居なさすぎてぼっち映画キメました!褒めてください!!

1stも見に行きたかったんですが、忙しくて見に行く時間がなくて…あえなく公開期間終了。個人的には1stの方が内容好きなんですけどね、残念です。

 

さて、それはともかく。僕のなかでめちゃくちゃ好きなアニメトップ3くらいにはランクインする魔法少女リリカルなのはですが、2nd A'sの感想を書く前に、この物語との出会いからお話しましょう。

 

僕がオタクになって間もない頃…中学の何年生だったでしょうか、はっきり覚えてないんですが、けいおん!を見て、まどマギを見て、他にも色々見て…そう、まどマギです。これが原因です。

そうか魔法少女ってこんな素敵なのか、と。そうなってしまえば、他に知っていたものは僕は「魔法少女リリカルなのは」しか無かったわけです。

なのはを見だしたのは、ちょうど2nd A'sが初公開される直前、すなわち2012年です。そこでなのはに出会い、映画公開までほとんど期間がない中、StrikerSまで必死で追いついて…

2nd A's公開直前キャンペーン(?)で、MOVIE 1stが短い期間で公開されていたときに見に行き、無事号泣。なのはは僕が初めて泣いたアニメとなりました。

それから、2nd A'sを見て号泣。両方ともすごく良かったです。

 

…と、まあ。そこから約5年の時を経て、新しい映画「魔法少女リリカルなのは Reflection」が公開されることになりました。待ちわびましたよ、ええ。それはもうすごく。

 

 

さて、思い出語りはここまで。4DXの感想へと移りましょう。

 

冒頭のリインが語っているシーンや、八神はやてちゃんがトラックに轢かれそうになるシーン。もう4DXは始まっています。風は草の香り、車いすが動くと座席も揺れる。

やっぱり4DXはすごい!と思いました。

 

それから、話は飛んでフェイトちゃんが闇の書に吸い込まれるシーン。(飛びすぎ)

そこからは、フェイトちゃん視点になったりなのは視点になったり、忙しいところです。

アリシアとお話しているシーンで、僕は無事号泣したわけなんですが、その辺りの僕の様子を文字に表すと、

 

ぼく「ああ良いシーンだ…(ボロ泣き)」

 

映画「戦闘シーンやで」

 

座席「ガタガタ」

 

ぼく「うわああああ(涙が止まる)」

 

こんな感じです。

いや、4DXすごいんですけどね。

 

4DXである意味あったか?

と思ってしまいました。いえ、否定している訳じゃないんです。全てに対して満足しています。一緒に戦闘して、一緒に頑張った感がありました。

ただ、すごく疲れた、というのが本音です。

 

と、感想はここまで。結果を言うと、なのは4DX…100点でした、ありがとうございました。Reflectionも楽しみです。

 

最近涙腺も緩くなったし、年なのかなぁ…と思いながら、この話はおしまいにします。皆さんも是非、魔法少女リリカルなのは、見てみてくださいね。

 

いりや٩( ᐛ )و

【イリ】オタク2人と非オタ1人でカラオケに行った話

どうも、歌いたい曲たくさん歌ってスッキリしたいりやです!

 

皆さんはカラオケお好きでしょうか。僕は大好きで、週1で行きたいくらい好きなんです。

そして、どんなメンツで行っても基本アニソンを結構歌う人です。

タイトルのように、非オタの人と行っても、それは変わりません。(ゴリゴリのアニソンか、某バンドアニメのような普通の曲に聞こえるアニソン(?)かどうかはともかく)

 

さて、そんな僕がこの間、オタクと非オタと僕とでカラオケに行ってきたわけです。

非オタの友だちは、1,2カ月に1回くらいは会う、高校の頃の友だちです。

オタクの友だちは、実に約1年半振りくらいに会った、こちらも高校の友だち。

彼は高校卒業直前に、ラブライブを見てオタクに昇華した人間でした。会うのはそれ以来だったので、どんなもんかとドキドキしていました。

 

僕と非オタの友だちは、ご飯を食べてカラオケに一足先に入っていました。オタクの友だちはバイトだったので、後から入ってきたんですけど、部屋に入って開口一番。

 

SEVENTH HEAVEN歌わんかい!」

 

………ああ、なるほど。なるほどーーーーーー。って感じでしたね。

以前ちらっと話した「Tokyo 7th シスターズ」のすごく強いEDM曲です、彼はそれをリクエストしてきたのです。

無事(?)彼は強いオタクへと成長(この場合たいかかもしれない)したようです。もっとも、ナナシスに関しては強い曲しか知らないとのことでしたが。

彼はデレマスに堕ちたようで、カラオケに入って5時間、すなわちカラオケを出るまでほとんどデレマスの曲ばかり(しかもキャラソンとかコアなところ)を歌っていました。

 

そんな彼に一言残して、この記事を終わりにしましょう。

 

 

 

優勝!!!

 

 

いりや٩( ᐛ )و

【ちま】LiSAのお話

こんばんは!いつも不定期でごめんなさい!今日は短めで!

 

今日は

f:id:syanero666:20170602004320j:image

やっと届きました!

 

ウォークマンのいれて最近はずっとthe end of my world聞いてます!

 

やっぱ僕はカッコイイ曲が好きなのかもしれない、、、sheとかEmpty MERMAiDとかカッコイイですね😄

 

LiSAの曲を聴いてるとさぁやろう!っていつも思えてくるのは僕だけでしょうかね?笑笑

 

今度の中野サンプラザは当たりますよーに!!(人∀・)タノム!

 

今書きかけの記事も早く終わらせてみなさんにお見せできるよう頑張ります!

 

では!

 

 

ちまふぇいʕ•̫͡•ིʔྀ

 

 

【ちま】今日はお休みで

ややや。(最近挨拶安定してないねwww)

 

すいません!今日はバイトから帰ってきて明日も早いのでおやすみさせてください!

申し訳ないです!

 

ただ今日の帰りに面白いこと考え付いたので近日に実行できればと思っております!

 

今日書けない代わりに福井に行ったときの東尋坊の写真のっけときますね!

f:id:syanero666:20170528011604j:plain

これを自然が起こしたと考えると考え深いものがありますね

 

では!

 

ちまふぇいʕ•̫͡•ིʔྀ

【ちま】お金の借用と通信容量は計画的に

こんばんは!スマホ通信制限の闇に引っかかったちまふぇいです。

 

まあいきなりこんなこと言われてもわけわかんないでしょうから説明しますと

 

~お昼頃~

 

ちま「今月全然通信制限のメールこやんやん!外でLiSAをyouOubeで聞くかぁ~」

 

~バイト終わり~

 

あいぽん6s「お使いのスマホは通信容量が6GB超えましたよ!」

f:id:syanero666:20170527003856j:image

 

あいぽん6s「お使いのスマホは通信容量が7GB超えましたよ!」

f:id:syanero666:20170527003856j:image

 

つらい…w

 

 

今日は1、2限と授業があったので朝早くから眠い中電車に揺られ1時間かけて大学へ、、、

 

自慢じゃないですが僕には主席の友達のいっちーがいるのです!(僕が威張ることではなし)

 

いっちーに「主席をとるための秘訣は?」とお尋ねしたところ

「しっかり睡眠を家でとり、授業を真面目に受けよう」

とのことだったので僕は2限目の社会心理学をしっかり聞いてやろうと試みたところ全くもって2限の記憶がございません。

 

彼女いわく寝てもちゃんとテスト前に勉強すれば大丈夫なそうなので来週も爆睡してやろうと思ってます。

 

 

そのあとはバイトに行き「イェーイー!!」と連呼するサンシャイン池崎(おっさん)と戦ったり、ロッカーナンバーがどこかわからずキレてくるおっさんを相手してさっき家に帰ってきました…

疲れた…

 

これをみていただいている読者の明日も幸せな1日でありますように!

f:id:syanero666:20170527005208j:image

 

では!

 

 

ちまふぇいʕ•̫͡•ིʔྀ

 

 

【ちま】今日は真面目なおはなし

はいっ。

 

こんばんは、ちまふぇいさんの「今日一日なにしたの~(BOOO!!!!!)」のコーナー

 

 

 

 

 

まあやりませんけど笑

 

 

 

今日はまじめなお話を久々にしたいなーと思いまして!

その前に1週間前に購入したものが届きまして

f:id:syanero666:20170525233957j:plain

関東にお住まいの方は書店で見たことあるのではないでしょうか

 

 

そう、早稲田大学が受験生にむけて作っているその名も

 

「早稲田魂」

 

これが届いたので今日はまじめな話しようかなーなんて思うわけですよ笑

 

 

~ここからが本題~

 

読者の皆さんは今までの人生の中でなにかに本気で取り組んだことってありますか?

 

おそらく1度か2度ぐらいはあると思うのです。

 

受験であったり、恋愛であったり、あるいは仕事や夢に向かって全力で取り組んでいる最中の方もいると思います。

 

今日は僕の話をさせてほしい。

 

僕は今関西圏の大学2回生ですが、実は現役で通った人と3年遅れて大学に入りました。理由は単に勉強不足(遊んでたのもあるけど)と不真面目だったということかな笑

 

志望校を早稲田大学にして予備校通うけれども、勉強をせず勉強するフリだけうまくなっていき気づけばまわりは成人式を迎えていた。

 

今までなんとかなるだろう精神で20歳まで過ごしてきたから自分の未来、将来が全くといっていいほど頭になかったし、おまけに馬鹿だったし笑

 

そんなやつがいいとこの大学に通るわけもなくついに3年目を迎えた(3浪とかけばいいのだけど僕はその呼び名が大嫌いなので)

 

それでまた新たに勉強し始めてちょうどこの時期ぐらいに古文の先生がこの「早稲田魂」という本を紹介してくれてそこでこの本と出合ったのがきっかけかな

 

その本に必ず「合格体験記」があるんだけどそれを書いた人たちの早稲田に対する思いがずらずらと書かれていて、なかに2年目でようやく早稲田に通った人の話があった。

内容はかけないけどそれ読んだときになんでかわからないけど号泣してしまって笑

 

それを読み終えてから僕は受験当日まで13時間勉強とか当たり前にやってたのを覚えてる。危ないけど道歩きながら英単語覚えたり、満員電車の中で単語カード必死にめくってたのは懐かしい笑

 

でもそこまでやっても結局早稲田には合格できなかったんですよ。

 

受験も何事の勝負も本番で結果出して負ければそこで「負け」なんです。よく「結果より過程が大事」というけれどその気持ちで勝負に行く人僕から言わせてみればその時点で負けてるんです。

 

 

だからこそこっそり見てくれてる方やたまたま通りすがりで見ていただいた方にはぜひとも何事も「勝って」ください。(なんか死ぬ前のブログみたいやけど健康ですよwww)

 

 

ちなみに僕は今でも早稲田のネットの掲示板見たときに番号がなかった夢もいまだに見ますし、今日届いた早稲田魂の16年版の表誌みただけで泣きかけましたから、負けるとそれだけ後悔がその後の人生にまとわりついてきますw

 

 

本音をここで言うのであれば年齢とお金という条件さえクリアしているなら彼女がほしいとかお金がほしいなどの欲望を蹴っ飛ばして、今の大学辞めてでももう一回勉強して再受験したいです。ほんとに。

 

ただこの前福井にいったときに

f:id:syanero666:20170509083239j:plain

 

この考えからすれば再受験もいいのかもしれませんね笑

 

 

 

 

今日は長々と書いてしまいすいません!

 

またリングアベル‼をよろしくお願いします!

 

 

ちまふぇいʕ•̫͡•ིʔྀ

 

【イリ】ニーアオートマタをクリアした話(若干のネタバレあり?)

どうも、ついさっきニーアオートマタの主要ルート5つをクリアしたいりやです。

まだ細かいエンディングは全部見ていないんですが、一旦一区切り付いたと言うことで、少しここに感想でも記そうかなと。

 

まだクリアしていない人に、ネタバレがない範囲で伝えたいこと。

 

人の力を借りてでも、恥をかいてでもゲームをクリアしたいと願いますか?このゲームは、あなたに取ってそれほどの価値を見出せますか?

 

と。そんな感じでしょうか。

もう僕は戻れないところ(?)までこのゲームで来てしまいました。クリアしていない人は、ぜひともクリアに向けて頑張って欲しいです。購入していない人も、是非手を伸ばして欲しい作品です。

 

さて、ここからは少しネタバレを含む内容を書き綴りますので、苦手な方や見たくない方はブラウザバックをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやはや、終わりましたねニーアオートマタ。

Eエンドの最後の選択肢、僕はデータ削除を選びました。

攻略サイトやら何やらを全く見ていない状態での選択ですし、なんせ他のニーアシリーズをやっていない僕は、全データ削除は初めての体験で。どんどん全てが消えていく様を、見ているのが辛かったです。

もしあの選択肢を取らなくてもゲーム自体はちゃんとクリアですし、それでいいんですけど。僕は最後のシューティングで、他の人の力を借りましたから。僕も他の人に力を貸したい、なんて事を思いました。

敵の弾にぶつかる度に○○のデータが消えました。みたいなメッセージを見ていて、後の選択肢を見ると「なるほどなぁ」と思いましたね。

 

主人公達を殺すような選択肢を取らせるのも、前作やらをやっていない僕にとってはやはり斬新で。胸が痛くなったり、泣きそうになったり。そんなことの連続でした。それからクリアをして、データを飛ばして。

データを飛ばす事に不思議と躊躇いは殆ど感じませんでした。

例えデータを飛ばしたとしても、きっとポッドや僕の中にある思い出、記憶は色褪せないから、データを消す選択肢が出来たのかもしれません(くさい)

また一からやり直して、A〜Eルートをクリア、次はデータを飛ばさないで全ルートを回収しようと思います。アジももう一度食べましょう。

 

トーリーもさることながら、ゲーム性も僕はお気に入りです。

個人的な意見ですが、難しめの無双シリーズと言ったところでしょうか…。ある程度の難易度と、ある程度の爽快感。そしてその爽快感を良い意味で無くすような重いストーリー。すごくよかったです。

 

 

と言うことで、ちょっと長くなりましたが今回はここまで!

たくさんストーリーについて書きましたが、あくまで僕個人の意見として、捉え方として見てくださいね。

 

ではでは。

 

いりや٩( ᐛ )و